ペットボトルで手作りランタン 夢フェスタひょうご [佐賀県]

ペットボトルのランタンでできた光のアーチをくぐる来場者
ペットボトルのランタンでできた光のアーチをくぐる来場者
写真を見る

 佐賀市兵庫北のトンボの池公園で24日、イルミネーションで公園を彩る「夢フェスタひょうご2017」が始まり、記念のイベントや点灯式が開かれた。

 町おこしなどの活動をしているNPO団体「夢の里兵庫」が開催しており、3回目。イベントでは餅つき体験や豚汁の振る舞いなどがあった。午後5時半からイルミネーションの点灯式があり、ペットボトル約千本で作ったランタンのアーチや、高さ約11メートルのクリスマスツリーなど計5万個の電飾に一斉に明かりがともり、観客を沸かせた。ランタンは近くの兵庫小の児童など地域住民約1100人が手作りした。参加した兵庫小1年の嶋田百花さん(7)は「ランタンの明かりがすごくきれい。ツリーも家にあるものより大きい」と興奮した様子だった。

 夢フェスタひょうごは、来年2月14日まで午後5時半~同10時に開催している。問い合わせは夢の里兵庫=0952(37)8918。

=2017/12/25付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]