大隈重信しのび法要 九十七回忌、早大OBなど参列 佐賀市 [佐賀県]

龍泰寺の大隈重信の墓前で焼香する参加者
龍泰寺の大隈重信の墓前で焼香する参加者
写真を見る

 首相を務め、早稲田大を創設した佐賀市出身の偉人、大隈重信(1838~1922)の九十七回忌法要が10日、佐賀市赤松町の龍泰寺であり、同大OBなど関係者約40人が参列した。

 龍泰寺には大隈の墓があり、命日に合わせ、大隈重信記念館保存会(秀島敏行理事長)が毎年法要を催している。参列者が本堂で読経し、同大出身の北原香菜子さん(34)が薩摩琵琶で生前の業績をたたえる「大隈重信侯」を披露。参列者全員で敷地内にある大隈の墓前で焼香した。

 同保存会の中尾清一郎副理事長は「新年に心改まる行事。由緒ある墓所にお参りできることに感謝する」とあいさつした。

=2018/01/11付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]