維新博「リアル弘道館」開館 佐賀藩校の学び体感 [佐賀県]

「リアル弘道館」で素読の授業を体験する子どもたち=16日、佐賀市
「リアル弘道館」で素読の授業を体験する子どもたち=16日、佐賀市
写真を見る

 明治維新150年を記念し佐賀県で開催中の「肥前さが幕末維新博覧会」で、大隈重信や江藤新平らを輩出した佐賀藩校「弘道館」を再現した展示館が16日、旧長崎街道沿いの佐賀市柳町に開館した。維新をけん引した偉人が学んだ様子を映像や音声で楽しめる。

 展示館の名称は「リアル弘道館」で、教室を再現した部屋で素読を体験できるほか、大隈重信が藩校での思い出を回想するシーンを表現した約5分間の映像を観賞できる。会読や登校の様子を再現した動画や、当時の生徒の生活をパネルと音声で紹介するコーナーもある。

 授業の一環で訪れた佐賀市立循誘小6年の緒方春介さん(11)は「机や黒板がなく畳に座っての授業は初めての体験だった。佐賀の七賢人についてよく分かった」と話した。

 午前9時半~午後6時開館。入館料400円。

=2018/04/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]