郷土の偉人・大隈重信に思いはせ 「大隈祭」に500人 早大応援部が校歌 佐賀市 [佐賀県]

大隈祭で薩摩琵琶を演奏した早稲田大出身の北原香菜子さん
大隈祭で薩摩琵琶を演奏した早稲田大出身の北原香菜子さん
写真を見る

 政党内閣を率いた初の内閣総理大臣で、早稲田大を創設した佐賀市出身の大隈重信(1838~1922)を顕彰する大隈祭が13日に同市水ケ江2丁目の大隈重信記念館であり、約500人が功績に思いをはせた。

 記念館保存会理事長の秀島敏行市長が「今年は維新150年。大隈を始めとする偉人の功績を未来に伝えていく」とあいさつ。同大大学史資料センターの広木尚氏が講演し、同大応援部の学生が校歌を斉唱した。

 同市の江頭富江さん(68)は「大隈公は佐賀の誇り。孫にも伝えていきたい」と話した。

=2018/05/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]