唐津中心部に映画館や宿泊施設 ビル建設、8月着工 [佐賀県]

住民説明会で公表した再開発施設のイメージ図
住民説明会で公表した再開発施設のイメージ図
写真を見る

 唐津市のまちづくり会社「いきいき唐津」(木下修一社長)は14日、同市南城内の大手口センタービルで、中心市街地の再開発に関する住民説明会を開き、計画内容を発表した。JR唐津駅前の商店街の一画に3階建てのビルを建設し、飲食店を誘致するほか、映画上映ホールやゲストハウスが入る。15日午後7時からも説明会を開催する。

 土地は京町と呉服町の両商店街に面した約千平方メートルで、地権者から賃貸する。ビルに入る常設の映画上映ホールは80席を備え、ゲストハウス(80床)は同社の直営。書店機能のあるカフェや定食店など飲食店5店舗をテナントとして誘致する。8月に着工し、来年のゴールデンウイークにオープン予定という。

 再開発ビルの建設は、市が2016年度に策定した中心市街地活性化基本計画に主要事業として盛り込んでおり、同社が実施主体を担う。総事業費は6億円前後で、経済産業省の昨年度の地域文化資源活用空間創出事業に採択され、2億5千万円の補助を受ける。説明会は市景観まちづくり条例に基づき開催。対象を近隣20メートルの住民とし、約30人が参加したが質問は関連項目のみに制限した。15日以外の説明会開催は未定という。

=2018/05/15付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]