白いトウモロコシを白石町の特産品に 佐大生らでつくる農業支援団体収穫 石田代表「道の駅で販売目指す」 [佐賀県]

佐賀大農学部の学生らでつくる農業支援グループSSJが収穫した白トウモロコシを受け取る白石町の田島町長(右)。左から2人目が石田代表
佐賀大農学部の学生らでつくる農業支援グループSSJが収穫した白トウモロコシを受け取る白石町の田島町長(右)。左から2人目が石田代表
写真を見る

 佐賀大農学部の学生らでつくる農業支援団体「Seeding Support of Japan」(SSJ、18人)が4日、白石町須古で収穫した白いトウモロコシを田島健一町長に贈った。SSJは町の名前にちなんで白い野菜作りにも取り組む予定で、「将来は町の特産品に育てたい」と夢を膨らませている。

 団体は代表の石田勇以さん(22)=福岡県苅田町出身=が2016年8月に設立。メンバーは佐賀大の学生が大半を占めている。

 石田さんは14年4月~16年3月、熊本県の東海大農学部に在籍。長崎県内の大学へ転学手続き中の同年4月、熊本地震に見舞われ、そのまま南阿蘇村などの被災農家の復興支援に携わった。佐賀市のボランティアグループとの交流を通じ、17年4月に佐賀市に転居。これをきっかけに佐賀大の学生たちがSSJに参加した。石田さんは大学は辞め、活動に専念するようになった。

 SSJは同年7月の九州豪雨の被害農家に対する支援を続ける一方、農業を手掛けようと白石町から約15アールの農地を無償で借り受け、白いトウモロコシ「クリスピーホワイト」の栽培に挑戦。石田さんや学生たちは2日に1回の頻度で畑の手入れに汗を流したが、せっかく実ったトウモロコシは害虫とアナグマの食害で8割が被害に。白いオクラも植えたが、普通のオクラのように緑になってしまったという。それでもメンバーは失敗にめげるつもりはなく、石田さんは近くの空き家を借りて拠点とし、移り住む覚悟だ。

 「今は試行錯誤の段階だが、防虫剤の散布を研究したり、電気柵を設置したりして早く採算に乗せたい」と石田さん。白いスイカやナスの作付けも計画しており、来春開業予定の道の駅「しろいし」で販売するのが目標だという。

 田島町長は「若い人に農業に挑戦してもらい感謝している。特産品になるのが楽しみ」と期待していた。

=2018/07/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]