上峰町でマンゴーたわわ [佐賀県]

食べ頃を迎えたアップルマンゴー
食べ頃を迎えたアップルマンゴー
写真を見る

 上峰町堤にある「三養基マンゴー農園」(崔敦烈(サイドンレス)代表)のマンゴーが、収穫の最盛期を迎えている。猛暑が続く中、ビニールハウス内ではマンゴーが至る所でたわわに実っており、今月下旬まで食べ頃は続く。

 同農園は約2640平方メートルのハウスで、アップルマンゴーやジャイアントマンゴーなど計15種類を栽培。中でもハワイピンクマンゴーは口の中で溶けるような甘みが特徴で、縦15センチ、横10センチ、重さ1キロ以上にもなるという。崔代表は「これほど大きなマンゴーが取れるのはうちだけ」とPRした。

 マンゴーは同農園前の直売所などで販売。1個千~1万円。

=2018/08/08付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]