NZ陸上代表 佐賀市で合宿 20年東京五輪1カ月前に 県庁で覚書締結 [佐賀県]

覚書を締結した山口祥義知事(右)、ニュージーランド陸上連盟のキャット・オースティン氏(中央)、秀島敏行佐賀市長
覚書を締結した山口祥義知事(右)、ニュージーランド陸上連盟のキャット・オースティン氏(中央)、秀島敏行佐賀市長
写真を見る

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、ニュージーランドの陸上競技代表が佐賀市で事前合宿を行うことになり、ニュージーランド陸上連盟幹部が7日に県庁を訪れて、山口祥義知事と秀島敏行市長と覚書を締結した。

 ニュージーランド代表は15年に中国で開かれた陸上世界選手権や、17年に台湾であったユニバーシアード競技大会でも、佐賀市で事前に合宿した縁がある。

 陸連アスリート支援部長のキャット・オースティン氏は記者団に「これまでの熱烈な歓迎とおもてなしに感謝している。佐賀でいい準備をして五輪で結果を出したい」と抱負を語った。代表選手は東京五輪の約1カ月前に佐賀に入る予定で、気候や環境に体を慣れさせるために軽めの練習をするという。

 山口知事は「ニュージーランドは大事なパートナーと思っている」。秀島市長は「希望に沿うように県と一緒に頑張っていく」と述べた。

 県内では、オランダの空手、タイのアーチェリーとボートの代表選手の事前合宿が決まっている。

=2018/09/11付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]