「晩香窯」明治からの歩み紹介 九州陶磁文化館 115点を展示 [佐賀県]

晩香窯5代目の庄村健さん(左)と6代目の久喜さん。会場には大正期の大皿などが並ぶ
晩香窯5代目の庄村健さん(左)と6代目の久喜さん。会場には大正期の大皿などが並ぶ
写真を見る
帯留めやカフスボタンなど小物も来場者の目を引いた
帯留めやカフスボタンなど小物も来場者の目を引いた
写真を見る

 明治維新150年記念展「有田晩香窯~明治から平成の窯元の軌跡」が15日、有田町戸杓の九州陶磁文化館で始まった。同町赤絵町で1884年から続く晩香窯の歩みを115点の作品で紹介している。来年1月14日まで。

 晩香窯は初代庄村健吉の俳号から名付けられた。創業時は上絵付け専業の赤絵屋で、大正期に石炭窯を築き成形から一貫生産する窯元になった。30年前から九陶が庄村家所蔵の陶磁器の分類研究を進め、今回満を持して展示が実現した。

 開幕式では5代目で「現代の名工」の庄村健さん(69)が「窯の文化は多くの方々との交流の中で生まれた」とあいさつ。鈴田由紀夫館長は「晩香窯の歴史は見事に有田の明治から平成という時代を語っている」と話した。

 会場には創業時の緻密な筆遣いの名品や、万博出品用に制作された大皿、明治の絵師・高柳快堂の銘が入った湯飲みなどを展示。昭和初期に流行した陶磁器製の帯留めやカフスボタン、戦時中の「工栄社」時代に陶芸家・松本佩山(はいざん)のデザインで作った魔法瓶、戦後のみやげ品などもある。

 現代の作品として、造型美の中で釉薬が繊細な表情を紡(つむ)ぐ庄村健さんの「紅染(べにぞめ)彫花瓶」と、光静まるような磁肌で引きつける6代目の庄村久喜さん(44)の「白妙(しろたえ)彩磁壺」も並ぶ。赤絵屋から窯元へ、そして陶芸家としての芸術活動へ。時代を生き抜き、美を追い求め続ける晩香の精神をじっくり鑑賞することができる。

=2018/12/16付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]