再稼働後初の原子力防災訓練 玄海原発 広域避難に課題も浮上 [佐賀県]

血圧測定などを受ける障害者グループホーム「みずき」の入所者たち
血圧測定などを受ける障害者グループホーム「みずき」の入所者たち
写真を見る
ゆめぷらっと小城の駐車場に避難し、バスから降りる玄海みらい学園の児童たち
ゆめぷらっと小城の駐車場に避難し、バスから降りる玄海みらい学園の児童たち
写真を見る
避難先の体育館にはストーブが置かれ、カーペットも敷かれた
避難先の体育館にはストーブが置かれ、カーペットも敷かれた
写真を見る

 九州電力玄海原発(玄海町)の重大事故に備える2日の原子力防災訓練には、県内の住民や自治体関係者ら4555人が参加し、屋内退避や広域避難などに取り組んだ。3、4号機の再稼働後、初めての大規模訓練となったが、児童生徒がバスで向かった避難先が混雑するなど課題も浮かんだ。主催した県、玄海町、唐津市、伊万里市は訓練を検証し、避難計画の見直しに反映する。

   ◇    ◇

<障害者施設>食料備蓄不足に懸念

 障害者グループホームの入所者が県内での原子力防災訓練に初めて参加した。原発から約10キロにある唐津市の障害者グループホーム「みずき」に入所する男性11人が職員に付き添われ、佐賀市の障害者支援施設「富士学園」に避難した。

 みずきの入所者は、訓練のために県が用意した大型バスに乗り込み、富士学園へ。約1時間半で無事に到着した。ただ、みずきの運営法人が所有するバスは14人乗りが2台。この法人が運営する近くの障害者施設の利用者を合わせると障害者86人と職員の避難が必要になる。

 みずきの職員の田久保尚啓さん(52)は「施設で所有するバスの台数を考えると一度で避難させることは難しい」と話す。

 避難を受け入れる側にも不安がある。富士学園は訓練で入所者を受け入れ、みずきの職員が体温や血圧の測定などを行った。同学園職員の原尚規さん(59)は「訓練なので場所だけを確保したが、実際に事故が起きれば食料や寝具が全く足りない」と語った。

 同学園の入所者は79人。災害時に備えて2週間分の食料を備蓄しているが、みずきの入所者たちの避難を想定すると、さらに備蓄が必要になるという。

   ◇    ◇

<教育現場>バス受け入れ先混雑

 玄海原発から約6キロに位置する小中一貫型の義務教育学校「玄海みらい学園」(玄海町新田)の児童生徒と教職員計380人は大型バス12台に乗り込み、小城市のゆめぷらっと小城に避難した。

 バスが出発する同校の待機場所に児童や生徒が一斉に集まって混雑したという。中学2年の山口穂乃可さん(14)は「どのバスに乗ればいいのか分からず時間がかかった」。原口真教頭(49)も「子どもの安全や人数の確認に時間を要した」と課題を挙げた。

 その後、バスはゆめぷらっと小城の駐車場に次々に到着したが、すでに一般車両が駐車していたために一部のバスが待機することに。バスの男性運転手は「これだけ車があったらバス12台も入りきらない」と話していた。

 脇山伸太郎・玄海町長は記者団に「原発事故が起きて自家用車も避難すれば渋滞になる。職員や町民から反省点を収集し、改善していく」と述べた。

   ◇    ◇

<避難先>寒さ対策「足りない」

 玄海原発の周辺住民の避難先となった小中学校の体育館などでは、避難者の寒さ対策としてカーペットが敷かれ、石油ストーブが置かれた。2015年1月の訓練で参加者から「避難先が寒い」との意見があり、今回初めて寒さ対策に本格的に取り組んだ。

 唐津市呼子町の住民約30人が避難した白石町の福富社会体育館では、バスから降りた住民一人一人に町職員からスリッパが手渡された。足元の寒さを防ぐために館内にカーペットが広げられ、住民を囲むように七つのストーブも置かれた。

 初めて参加した同町の中村光子さん(73)は「今日はまだ気温が高いから良いが、厳寒期だとまだ暖房が足りないかもしれない」と指摘。農業の男性(70)は「着の身着のままで避難してくる人もいる。避難が長くなれば毛布も必要ではないか」と話した。

   ◇    ◇

全島民避難に手応え 知事、内閣府に苦言も

 山口祥義知事は訓練終了後、記者団に対し、唐津市の離島、向島での全島民避難を想定した訓練について「船やヘリコプターでの用救助者の搬送など、さまざまな運用で対応できることを再認識した」と述べた。

 県内には原発から30キロ圏内に向島を含めて七つの離島があることから、離島の現状調査や避難のシミュレーションを進めていく意向を示した。

 また、佐賀県などとテレビ会議を行う予定だった内閣府が庁内の停電で参加できなかったトラブルについて「(原発事故の)本番だったらどうなのか。検証が必要だ。国にはしっかりしてもらいたい」と苦言を呈した。

=2019/02/03付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]