小中学生手作りひな人形2000体 佐賀城本丸歴史館 [佐賀県]

佐賀城本丸歴史館に並ぶ、小中学生が手作りしたひな人形
佐賀城本丸歴史館に並ぶ、小中学生が手作りしたひな人形
写真を見る

 佐賀城本丸歴史館(佐賀市城内2丁目)で「佐賀城本丸ひなまつり」が始まり、市内の小中学生が手作りした約2千体のひな人形が訪れる人の目を楽しませている。3月7日まで。

 市中心部で開かれている「佐賀城下ひなまつり」の関連行事で16日から開催。館内には「子どもびなの宴」と題して、市内の小中学校計25校の児童と生徒が紙粘土で作り、色を塗ったり千代紙や布でカラフルに飾ったりして仕上げた個性豊かな人形が並ぶ。

 自分の展示作品を見に来た佐賀市の北川副小1年、荒嶋将仁君(7)は「お内裏様の手が棒を持っているように工夫して作った。飾られているのを見るとうれしい」と話した。

 同館では3月上旬まで水引のアクセサリー作りや、打ち掛けや甲冑(かっちゅう)を着て記念撮影ができる子ども着付け体験などの多彩な催しを開く。入館料、参加料は無料。

=2019/02/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]