佐賀にかんきつ類の新品種 「果試35号」開発、22年出荷目指す 高い糖度 ぷちぷち食感 優れた貯蔵性… [佐賀県]

県果樹試験場が開発した佐賀果試35号。大玉で、糖度が高い
県果樹試験場が開発した佐賀果試35号。大玉で、糖度が高い
写真を見る
佐賀果試35号の苗木をハウスで育てている立石好之さん
佐賀果試35号の苗木をハウスで育てている立石好之さん
写真を見る
ぷちぷちした食感が特徴の佐賀果試35号。皮が薄くて、中身がしっかり詰まっている
ぷちぷちした食感が特徴の佐賀果試35号。皮が薄くて、中身がしっかり詰まっている
写真を見る

 ミカンでも、ハッサクでも、ポンカンでもない。新たなかんきつ類が佐賀で誕生した。県が20年越しで開発した新品種の名は「佐賀果試35号」。日本一の生産量のハウスミカンなど、かんきつ類の栽培が盛んだが、後継者不足で生産量は減少傾向にある。糖度が高く、ぷちぷちした食感が売りの35号を市場に送り込み、農業者の生産意欲を高めようとしている。

 「待望の新品種。佐賀の果樹のけん引役になってほしい」。佐賀市大和町川上の「立石農園」代表の立石好之さん(42)は期待を込める。

 立石農園は、35号を栽培するモデル園の一つ。平地に整備されたハウス(約12アール)に、高さ1メートル前後の苗木が青々と茂る。初めての実がなるには、あと1年ほどかかるという。

 35号は、県果樹試験場が1996年度に「西之香」と「太田ポンカン」を掛け合わせてつくり、約20年間かけて選抜試験を重ね、2017年8月に品種登録された。直径85~90ミリと大玉で、重さは350~400グラム。糖度は12度以上と高い。皮は薄くて中身が詰まり、さわやかな味が口に広がる。貯蔵性に優れ、収穫から約2カ月経過しても食味が落ちないという。

 昨年3月から唐津市や鹿島市、太良町などのモデル園11カ所でハウス栽培を開始。県は、モデル園での生産を通じて栽培技術を確立し、2022年春の出荷開始を目指す。

   □     □   

 温暖な気候で、日当たりがよい南側の斜面があるという佐賀は、かんきつ類の生産が盛んだ。

 かんきつ類は、温州ミカンと、ポンカンなど中晩柑に大別される。ミカンでいえば、県内のハウスミカンの生産量は17年、6990トンで日本一、露地ミカンも4万4110トンで全国6位。品質の評価も高く、16年には無人補給機「こうのとり」6号機で国際宇宙ステーションに県産ミカンが届けられた。中晩柑の全体の生産量は県も把握していないが、「不知火」(デコポン)や「清見」などが栽培されている。

 ただ、かんきつ類の生産量は後継者不足で全国的に減少しているという。県内では16年に栽培面積が3265ヘクタールとなり、ピーク時の約40年前に比べて約5分の1に落ち込んだ。

 こうした状況を受け、県は、ミカンに比べて、大きさ、形状、色、香りで独自色のある品種をつくりやすい中晩柑に着目。「産地間で開発競争が盛んになっている」(県果樹試験場)状況も踏まえ、中晩柑の新品種の35号を開発した。

   □     □   

 昨年2月に東京都で消費者調査を行い、試験場で育てられた35号を味わってもらったところ「みずみずしい」「味のバランスがいい」と評価は上々だった。

 ただ、かんきつ類は試験場で順調に育っても、産地によって品質に差がでる可能性がある。苗木を植えて結実するまで4~5年を要し、気候や土壌などの違いが品質に影響を及ぼしやすい。産地が違っても一定の味が出せる栽培技術の確立が重要になる。

 1年で収穫できる野菜などと違い、結実までに時間がかかるため、生産者が今育てているかんきつ類を、栽培経験がない35号に切り替えるかも見通せない。

 県には約30年前に開発した品種「サガマンダリン」が栽培の難しさなどから、ほとんど市場に出回らなくなった経験もある。

 35号は22年にデビューを果たせるのか-。県果樹試験場担当者は「大玉の割に味のばらつきがない自信作。中晩柑の主力として普及させたい」と意気込んでいる。

=2019/02/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]