嬉野市長ホテル会食、政倫審が調査報告書 「条例に違反せず」と結論 [佐賀県]

調査報告書をまとめた嬉野市政治倫理審査会
調査報告書をまとめた嬉野市政治倫理審査会
写真を見る

 嬉野市政治倫理審査会は20日、第5回会合を開き、村上大祐市長が東京出張中にアニメ制作関係者らと会員制ホテルで行った会食について、市政治倫理条例に違反しないと結論付けた調査報告書をまとめた。近く市長に報告書を提出し、調査の請求者にも文書で回答する。

 報告書では、嬉野茶を題材にしたアニメ制作の企画について「市に正式に提案できる程度に具体化されていたとはいえない」と指摘して、会食相手は利害関係者に当たらないと判断。会食が供応接待に当たるかについても「立食形式で行われ、格別にもてなすという主催者側の意図は認められない」とした。

 一方、付帯意見として市政治倫理条例の規定について解釈や運用が分かりにくいと指摘。今回は政治や公務員の倫理を順守するよう警鐘を鳴らしたものであったとして「市長などの特別職や市議会議員、市職員について、高い倫理意識を持ち、行動してもらうようお願いする」と求めた。

 請求者の「嬉野をよくする市民の会」の宮崎誠一代表は記者団に「結論には納得していない。市をよくするため運動を続ける」と話した。

 村上市長は審査会の結果を受け「市のイメージを損なう事態を招いたことは市民に対して素直におわびする」とコメント。市は会食に同席し、ホテルに宿泊した職員2人と上司の処分を検討する。

=2019/02/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]