金継ぎテーマに比映画 SFC誘致 県内で撮影進む [佐賀県]

金継ぎのシーンの撮影で、演技指導するファハルド監督(右)と女優の西内さん
金継ぎのシーンの撮影で、演技指導するファハルド監督(右)と女優の西内さん
写真を見る

 県フィルムコミッション(SFC)が誘致したフィリピン映画の撮影が県内各地で進んでいる。壊れた陶磁器を修復する「金継(きんつ)ぎ」をテーマにした日本女性とフィリピン男性の恋愛映画で、来年春にフィリピンで公開予定。SFC誘致のフィリピン映画として4作目になる。

 ローレンス・ファハルド監督(42)が率いる撮影隊は、6日から鹿島市を皮切りに有田町や嬉野市、伊万里市を訪れ、13日まで県内の名勝地やカフェ、窯元などを舞台にカメラを回す予定だ。

 10日には有田町の「しん窯」やギャラリー「庵久(いおりひさし)」でロケを実施。庵久では、主演女優の西内ひろさんが金継ぎをする場面を撮影した。

 ファハルド監督は「金継ぎという修復の美と、人の縁を物語る映画にしたい」と話し、金継ぎを指導した茶道具作家の鶴田純久さん(61)は「肥前の陶磁器文化が広く紹介される契機になりうれしい」と話した。日本での公開は未定という。

=2019/04/12付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]