西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

日本版GPS衛星、4基体制整う 本格運用へ打ち上げ成功

 みちびき4号機を載せ、打ち上げられるH2Aロケット36号機=10日午前7時1分、鹿児島県の種子島宇宙センター
みちびき4号機を載せ、打ち上げられるH2Aロケット36号機=10日午前7時1分、鹿児島県の種子島宇宙センター
写真を見る

 日本版の衛星利用測位システム(GPS)をつくるための政府の準天頂衛星「みちびき4号機」が10日午前、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケット36号機で打ち上げられた。衛星は予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。本格運用に必要な4基体制が整い、2018年度から誤差の小さな位置情報を提供する。

 みちびきは、カーナビやスマートフォンなどに広く利用されている米国のGPS衛星の信号を補い、位置情報の誤差を小さくする。みちびきに対応した機器では、誤差は現在の数メートルから1メートル以下に向上。特殊な受信機能を持つ機器であれば6センチまで改善する。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]