九電、玄海3号来月下旬再稼働へ 4月下旬営業運転目指す

 佐賀県玄海町の九州電力玄海原発3号機
佐賀県玄海町の九州電力玄海原発3号機
写真を見る

 九州電力は23日、玄海原発3号機(佐賀県玄海町)に関し、作業が順調に進めば3月下旬に原子炉を起動して再稼働し、4月下旬の営業運転再開を目指すとの計画を明らかにした。

 九電はこの日、原子力規制委員会に3月16日から再稼働前の最終段階として原子炉を試験的に使用する申請書を提出した。九電は、試験使用の開始から1週間前後で再稼働する工程を想定している。

 玄海3号機では2月20日に原子炉への燃料装填が完了し、現在は原子炉にふたをして運転できる状態に組み立てるなどの作業に入っている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]