居眠り検知したら自動運転 九工大が事故防止システム開発

 九州工業大が開発した居眠り検知システムを搭載した自動運転車=6日午後、北九州市
九州工業大が開発した居眠り検知システムを搭載した自動運転車=6日午後、北九州市
写真を見る

 ドライバーの居眠りを検知し、運転を手動から自動に切り替えて事故を防ぐシステムを、九州工業大(北九州市)の佐藤寧教授(デジタル信号処理)の研究グループが開発し、6日発表した。同市の協力を得て公道での実証実験を進め、10年以内の実用化を目指す。

 新システムは、車内のバックミラーなどに取り付けたセンサーがドライバーの血流を検知して心拍数や呼吸数を計測。運転席のセンサーが、姿勢が前かがみになったり揺れたりしていないかを割り出す。

 集まった情報で人工知能(AI)が居眠りと判断すると、音声で「起きてください」などと警告。反応がないと自動運転に切り替える。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]