元宇宙飛行士、ビーン氏死去 4人目の月面歩行者

 アラン・ビーン氏(元米宇宙飛行士)米航空宇宙局(NASA)によると26日、南部テキサス州ヒューストンの病院で死去、86歳。最近体調を急に悪くしていたという。

 32年、テキサス州生まれ。55年テキサス大卒。米海軍のテストパイロットを経てNASAの宇宙飛行士となった。69年にアポロ12号に搭乗、米国による2回目の月面着陸を果たし、4人目の月面歩行者となった。73年には米国の宇宙ステーション「スカイラブ」で船長も務めた。

 宇宙滞在時間は69日15時間45分。そのうち月面での時間は31時間31分。引退後は、月面活動を題材とした絵を描いた。(ニューヨーク共同)

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]