核燃料搬出装置でまた不具合 福島第1原発3号機

 東京電力福島第1原発3号機の使用済み核燃料プールから燃料を搬出する装置でトラブルが相次いでいる問題で、東電は18日、プール内の小さながれきを撤去する機器で新たに2件の不具合があったと発表した。腕の役割を持つマニピュレーターの関節と吸引ポンプの異常で、原因を調べる。

 燃料取扱機に取り付けた2本のマニピュレーターで、水平に伸ばした状態で電源を切ると関節が曲がったり、がれきをつかむ部分が開いたりした。吸引ポンプはケーブルから水が入り込む可能性があることが分かった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]