福島第1、排気筒撤去の試験公開 地元企業が廃炉作業担当

 福島県広野町で実施された、東京電力福島第1原発1、2号機共用の排気筒上部の解体に向けた実証試験=19日午後
福島県広野町で実施された、東京電力福島第1原発1、2号機共用の排気筒上部の解体に向けた実証試験=19日午後
写真を見る

 東京電力は19日、福島第1原発1、2号機共用の排気筒の上部解体に向け、模擬の排気筒を使った実証試験を報道陣に公開した。排気筒の支柱には破断が見つかっており、大きな地震で倒壊する懸念がある。来年3月ごろに作業を開始し、来年夏の解体完了を目指す。

 第1原発の廃炉作業は大手企業が関わることが多いが、今回の作業は地元企業が手掛ける珍しいケースという。

 高さ約120mの排気筒は地上近くの放射線量が高いため、クレーンで専用の装置をつり下げ、上端から約半分を順に切断。福島県広野町で実施されたこの日の試験では、高さ約16mの模擬排気筒の側面に付いているはしごを切断した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]