イプシロン打ち上げ18日に JAXA、雲厚く延期

 イプシロン4号機の打ち上げ延期を発表するJAXAの井元隆行さん=15日午後、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所
イプシロン4号機の打ち上げ延期を発表するJAXAの井元隆行さん=15日午後、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所
写真を見る

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は15日、流れ星を人工的に発生させる超小型衛星などを載せた小型固体燃料ロケット「イプシロン」4号機の打ち上げを、17日午前から18日午前に延期すると発表した。発射場所は鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所。雲が厚くなるとみられ、状況が整わないと判断した。

 JAXAによると、17日は機体が上空の雲を通過する際に電気が発生し、搭載機器などに影響するおそれがあるという。

 今回はイプシロンとして初めて複数の衛星を搭載し、計7個を軌道に投入する。日本の基幹ロケットとしては平成最後の打ち上げとなる見通し。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]