原子力政策で公開討論を要望 脱原発団体が経団連に

 記者会見する原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟の河合弘之氏=14日午前、東京都千代田区
記者会見する原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟の河合弘之氏=14日午前、東京都千代田区
写真を見る

 脱原発を訴える民間団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」は14日、国会内で記者会見し、経団連に対して、原子力やエネルギー政策に関する公開討論会をともに開くよう呼び掛けた。経団連の中西宏明会長が1月の記者会見で、原発再稼働の重要性を強調する一方、「自治体がイエスと言わない」などと述べ、国民的な議論が必要との認識を示していた。

 連盟事務局長で弁護士の河合弘之氏は「経済界トップが国民的議論の必要性を指摘したのは極めて良いことだ。われわれも大賛成で、ぜひ一緒に討論会を開きたい」と述べた。連盟は小泉純一郎元首相が顧問を務める。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]