【動画あり】ルフィ像が熊本県庁に登場 尾田さん「かわいがって」

熊本県庁であった除幕式でお披露目されたルフィ像
熊本県庁であった除幕式でお披露目されたルフィ像
写真を見る

 人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の主人公ルフィの銅像が、熊本県庁プロムナードに設置され、30日に除幕式が開かれた。2016年4月に発生した熊本地震からの復興の象徴。熊本市出身で作者の尾田栄一郎さん(43)が監修した等身大のルフィ像が姿を現すと、式典を見守った会場からは「すごい」と歓声が上がった。

【動画】ルフィ像除幕式

 像の設置は、4月の尾田さんへの県民栄誉賞贈呈が縁で実現した。県によると、ブロンズ製で高さ174センチ。費用1300万円は、全額を尾田さんが地震後に行った県への寄付金(計3億円)で賄った。

 除幕式には、蒲島郁夫知事やワンピースを連載する週刊少年ジャンプの中野博之編集長、くまモン、尾田さんの両親、ファンなど約1500人が出席。蒲島知事は「復興のシンボルであるルフィ像を大切に守り、尾田先生の功績を後生に語り継いでいく」と述べた。

 尾田さんの母校・東海大星翔高(熊本市)吹奏楽部がワンピースのアニメ主題歌を演奏して盛り上げ、県民やファンが見守る中で幕が取り去られた。尾田さんは式に出席しなかったが「少しでも熊本に人を呼ぶきっかけになってくれれば。末永くかわいがっていただければ幸いです」とメッセージを寄せた。

 県は今後、ルフィが率いる海賊団「麦わらの一味」のキャラクターの像も地震被災地に設置する方針。

=2018/11/30付 西日本新聞=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]