1959年9月、伊勢湾台風が東海地方に迫っていた…

 1959年9月、伊勢湾台風が東海地方に迫っていた。作家の下重暁子さんはその年、NHKに入局したばかり。名古屋放送局に配属されて3カ月の新人だった

▼局では男性陣が徹夜で待機する中、下重さんと1年先輩の女性アナウンサーは「女だから」と先に寮へ帰らされた。報道に携わる者に男女の別はない。差別的な理由は納得できない。2人は「寮の食堂で文句を言いながら食事をした」と下重さんはコラムに書いている

▼女性の社会進出の先駆けだった時代だろう。まして男性職場との意識が根強かったマスコミの前線である。テレビで拝見した柔和な笑顔の陰には、人知れぬ涙の乾いた跡があったかもしれない

▼野際陽子さんの訃報を聞いた。先の夜、寮で不平を言い合った1年上の先輩その人だった。享年81。少し上の世代には「キイハンター」でのクールな姿が、ちょっと下の世代には一転して濃厚な冬彦さんの母親役が思い浮かぶ

▼折しも、倉本聰さん脚本のドラマ「やすらぎの郷(さと)」に出演中だった。テレビ界で活躍した往年のスターたちが集って、晩年を共に過ごす物語。5月中旬に入院していたとは気付かないほど、普段と変わりない野際さんに見えた

▼朝日新聞に倉本さんのコメントがあった。病状を案じてせりふの差し替えを相談したが、「大丈夫」「とにかくできるから」と答えたそうだ。最期まですてきな女性を演じきって逝った。


=2017/06/19付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]