「人生は振り子のようなものだ…

 「人生は振り子のようなものだ。振り子は一方に振れると、必ずその反動で反対方向に振れる。困難の後には勝利が待っているのだ」。米作家ジェフ・ケラーの言葉はプロ野球にも当てはまる

▼昨年、11・5ゲームの大差をひっくり返されてパ・リーグ優勝を逃したホークスが、振り子を引き戻した。きのう、2位の西武に快勝し2年ぶりの優勝を決めた

▼先発のエース東浜巨投手が好投し、主砲の柳田悠岐選手が逆転ホームラン。プロ野球最多セーブ記録を更新中の守護神サファテ投手が締めくくった。今年のホークスの強さを象徴するような理想的な展開。ファンにはたまらない勝利だった

▼終わってみれば独走だが、楽な道のりではなかった。和田毅投手、内川聖一選手ら主力級の故障が相次いだ。前半は楽天の快進撃を許した。失速せずに白星を積み重ねられたのは「期待以上の働きをする人が次々と出て、穴を埋めた」(野球解説者の藤原満さん)からだ

▼選手層が厚いチームだけに競争は厳しい。出場機会が少なくても努力を怠らなかった選手たちが、巡ってきたチャンスをものにした。上林誠知選手、甲斐拓也捕手、石川柊太投手、モイネロ投手…。若い力が苦しい時期を引っ張った

▼「決して諦めない」「常に全力疾走」。工藤公康監督は強さの理由をこう話した。さあ、次の目標は日本一だ。決して諦めない、全力疾走のプレーをもっと見たい。


=2017/09/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]