シンガポールで米朝首脳会談が行われた12日、東京の上野動物園には長蛇の列ができた…

 シンガポールで米朝首脳会談が行われた12日、東京の上野動物園には長蛇の列ができた。お目当ては、この日1歳の誕生日を迎えたジャイアントパンダの子ども、シャンシャン(香香)

▼平日にもかかわらず、見学までの待ち時間は最大2時間半に及んだそうだ。園のホームページによると、シャンシャンの体重は28・2キロ(5日現在)に達し、出生時の200倍近くに

▼毎日のように屋外運動場に出て無邪気に遊び回るわが子に母親のシンシン(真真)も授乳を欠かさず、じゃれ合ったり排せつを促したり、育児に余念がないようだ

▼飼育員がシャンシャンのために用意したプレゼントは消防用のホースを編んで作った特製のハンモック。これもお似合いだ。パンダは元来平和と友好の使者であり、国際紛争の火消し役-。くしくも誕生日と歴史的な外交イベントが重なった

▼シンガポールからの中継映像を見ていて思った。眼鏡をかけた彼(か)の国の指導者は満面の笑みを浮かべると、どこかしらパンダのような風貌。性格が平和的かどうか、白黒はまだはっきりしないが、何としても東アジアの融和を実現させたい

▼上野に話を戻すと、パンダの飼育は中国と日本が共同で進める繁殖研究プロジェクトの一環。そこでは生まれた子は生後2年をめどに中国側に引き渡す約束になっている。少し寂しいが、シャンシャンと会えるのも来年前半まで。見学はお早めに。

=2018/06/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]