江戸時代の武士の話法なら、相手は「貴殿」で自分は「拙者」…

 江戸時代の武士の話法なら、相手は「貴殿」で自分は「拙者」。呼び掛けるときは「~さま」「~どの」。時代劇でおなじみだが、幕末になると変化も。維新を描いたドラマに、高杉晋作や桂小五郎ら長州藩士が「西郷(隆盛)くん」「坂本(龍馬)くん」と呼ぶ場面が

▼「僕」「君」「諸君」「~くん」という言い方は、長州で松下村塾を開いた吉田松陰が始めたという説がある。身分の上下が厳しい時代ながら、松陰は武士から農民までさまざまな立場の若者を塾に受け入れた

▼塾生が身分にとらわれず対等に学べるよう、「君」や「僕」、「~くん」という敬称を使わせたそうだ。明治の世になって「~くん」は広く使われるようになった

▼農民出身の伊藤博文も松陰の薫陶を受けた一人。初代総理大臣として臨んだ第1回帝国議会(1890年)で議員を「~くん」と呼ばせたという。以来、国会での議員の敬称は今も「~くん」

▼女性初の衆院予算委員長に就任した野田聖子さんが慣例にとらわれず、委員を「~さん」で呼んだ。「一般社会では男女の別なく『さん』付けだから」と

▼先達がいる。土井たか子さんだ。女性初の衆院議長は「~さん」を使った。女性が圧倒的に少ない国会の現状を変えたい。その思いは2人に共通しよう。松陰が身分の壁を払おうと考えた「くん」が、男女の格差をなくす「さん」に替わる“敬称維新”が起きてもいい。

=2018/11/07付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]