福岡知事選、保守分裂も 自民県連、推薦候補に元官僚・武内氏

写真を見る
写真を見る

 来年4月の任期満了に伴う福岡県知事選を巡り、自民党福岡県連は29日、選挙対策委員会で公募に応じた3人を面接し、元厚生労働省官僚の武内和久氏(47)を推薦候補に決定した。年明けに党本部に申請する。一方、公募に応じず、同県連に推薦願を提出した現職の小川洋氏(69)も3選を目指して立候補する意向で、保守分裂選挙になる可能性がある。

 武内氏は選対委の決定後、同県連で記者会見し「福岡のために役立つことがあれば、経験を注ぎ込みたい」と語った。

 県連選対委員長の大家敏志参院議員は会見で「具体的なビジョンがあり、柔軟性のある若いリーダーだ。夢を語れるということで満場一致で決定した」と評価。一方、小川氏が提出した推薦願については「党として扱わない」として、取り扱わない意向を示した。

 武内氏は福岡市出身。厚労省や民間企業を経て、今年4月から民放のコメンテーターを務めていた。

 同知事選には自民の公募で落選した九州大教授の谷口博文氏(64)も出馬意向で、共産党県委員会も候補を擁立する方針。

=2018/12/30付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]