米不法移民拘束が40%増 4万人、犯罪歴なしも多数

 【ロサンゼルス共同】米国土安全保障省の移民・税関捜査局(ICE)は17日までに、トランプ大統領就任後の1月22日から4月末までに不法移民4万人以上を拘束し、前年同期と比べて拘束数が約40%増加したと発表した。

 拘束者のうち約1万1千人は犯罪歴のない移民だった。AP通信は犯罪歴のない移民の拘束数は前年同期の拘束数約4200人から2倍以上となったと指摘した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]