邦人遭難、手掛かりなし 仏モンブランで捜索

 【パリ共同】フランス公共ラジオは13日、欧州アルプス最高峰モンブラン(標高4810メートル)で遭難した日本人男性について、2日間にわたりヘリコプターなどを使った大規模捜索を行ったが、手掛かりは見つからなかったと報じた。

 地元の山岳警察当局などによると、男性は下沢博信さん(35)。7日に単独でモンブラン登頂に出発したが、下山中の9日、救助が必要だとソーシャルメディアに書き込んだという。

 現地は積雪に加え、強風、濃霧などの悪天候で捜索が難航。12日から晴れ間を縫ってヘリや地上からの捜索を実施したが、手掛かりは見つからなかった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]