米ワシントンでトランプ支持集会 南軍旗掲げず、警察は道路封鎖

 16日、ワシントンでの集会に参加したトランプ大統領支持者ら(共同)
16日、ワシントンでの集会に参加したトランプ大統領支持者ら(共同)
写真を見る

 【ワシントン共同】米首都ワシントン中心部で16日、トランプ大統領の支持者数百人が集会を開いた。南部バージニア州で8月、白人至上主義者と反対派が衝突し死傷者が出た事件を受け、警察が周辺道路をトラックなどで封鎖し、厳重な警備を敷いた。

 ほとんどは白人で、星条旗を体にまとった人や迷彩服姿の人も。主催者は衝突を避けるため、南軍旗など星条旗以外の旗を持ち込まないよう呼び掛け、ワシントン記念塔近くの集会場所で大きな混乱はなかった。

 ペンシルベニア州から来たローレンスさん(45)は「白人至上主義とは関係ない。大統領と米国第一主義を支持するために参加した」と強調した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]