西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

亡命軍人に銃撃40発 協定違反の小銃使用か 北朝鮮

 【ソウル曽山茂志】韓国軍合同参謀本部は14日、南北軍事境界線がある板門店で13日に北朝鮮の軍人が韓国側に亡命してきた際、北朝鮮側から40発以上の銃撃があったと明らかにした。聯合ニュースによると、軍人の体内から拳銃弾のほか小銃弾も摘出された。同参謀本部は、板門店の共同警備区域(JSA)内で自動小銃を携帯するのは休戦協定違反として、在韓国連軍司令部を通じて北朝鮮に厳重抗議する方針だ。

 JSA内での武装は拳銃に限られている。14日に国会国防委員会に出席した宋永武(ソンヨンム)国防相は、JSA内で北朝鮮の銃弾が境界線を越えて韓国側に撃たれた初めてのケースとの見方を示した。韓国軍側が応戦しなかったことについて、宋氏は「瞬時に状況を判断し、(危機を)最小化できた」と評価した。

 韓国軍や国連軍司令部によると、13日午後3時すぎ、軍人が軍事境界線付近にジープ型の軍用車で近づき、タイヤが側溝にはまると、車を降りて境界線を越えてきた。この間、追ってきた朝鮮人民軍の警備兵4人から集中銃撃を受けたという。軍人は境界線近くの韓国側施設付近で倒れているところを発見され、ほふく前進して近づいた韓国軍兵士に救出された。韓国軍側にけが人はなかった。

 軍人は腹や肺などに5カ所の銃創があった。搬送先の病院で緊急手術を受け、小銃弾など5発が摘出された。執刀した医師によると、臓器が損傷し、重篤な状態という。

=2017/11/15付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]