北朝鮮密輸防止へ検査強化 米主導17カ国が共同声明

 【ワシントン共同】米国が主導する「大量破壊兵器拡散防止構想(PSI)」に参加する17カ国は12日、北朝鮮の密輸防止に向け、国連安全保障理事会の制裁決議に基づき、海上での船舶検査強化を盛り込んだ共同声明を発表した。日米韓や英国、フランス、ドイツなどが声明に署名した。

 声明は昨年9月の北朝鮮による6回目の核実験や、昨年11月の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けた安保理決議の完全履行と追加措置の検討を進めると強調。「われわれは北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止するために結束している」と訴えた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]