香港で司法官退陣求めデモ 補選出馬資格認められず

 11日、香港・ワンチャイで、司法官の退陣を求め街頭行進するデモ隊(共同)
11日、香港・ワンチャイで、司法官の退陣を求め街頭行進するデモ隊(共同)
写真を見る

 【香港共同】香港の民主派グループは11日、3月11日投開票の立法会(議会)補選の一部立候補者が出馬資格を認められなかったことを受け、香港で法律行政を担当する鄭若カ司法官の退陣を求めるデモを行った。主催者側によると約千人が集まった。

 香港の選挙管理当局は1月27日、中国当局が「香港独立派」とみなしている政党「香港衆志」の常務委員、周庭氏(21)について立候補資格がないとした。この決定に司法官の意見も求めた。

 デモ隊は「鄭若カは直ちに辞任しろ」「法治は死んだ」などと書いたプラカードを持ち、「司法官は誠実さがない」などと批判した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]