代理出産の子親権認定 タイ裁判所 13人、邦人引き渡しへ

 【バンコク浜田耕治】タイで2014年、日本人男性(28)が多数の子どもを代理出産でもうけていたことが明らかになった問題で、タイの裁判所は20日、タイ政府の保護下にある13人の子どもを引き渡すよう求める男性の訴えを認め、男性の親権を認定した。

 この問題は14年8月、バンコクのマンションで身元不明の乳幼児9人が見つかったことで表面化。タイの警察当局は当時、DNA型鑑定によって、男性がこの9人を含め代理出産で生まれた子ども13人の実父と確認されたと発表していた。

 男性はタイ出国後、子どもたちの引き渡しを求め提訴。代理母らは親権を放棄しており、裁判所は判決で「13人の幸せを考慮し、法的に男性の子どもと認定する」との判断を示した。

 裁判所は「男性が人身売買に関与した形跡はない」と指摘。男性は安定した仕事と豊富な資産を持ち、日本で子どもたちを養育するためベビーシッターらを既に雇っているという。

 地元紙によると、日本人男性の弁護士は、男性が多くの子どもを欲しがった理由について「大家族で育ったため」と説明。子どもに家族のビジネスを続けてほしいと望んでいるという。

 タイではこの問題を契機に、法規制のなかった代理出産に厳しい目が向けられるようになり、15年に営利目的の代理出産などを禁止する法律が施行された。

=2018/02/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]