米朝の早期対話要求、中国外相 米輸入制限に報復示唆

 記者会見する中国の王毅外相=8日、北京(共同)
記者会見する中国の王毅外相=8日、北京(共同)
写真を見る

 【北京共同】中国の王毅外相は8日、北京で開催中の全国人民代表大会(全人代)に合わせて記者会見し、韓国と北朝鮮が4月末の開催で合意した南北首脳会談など対話の動きに歓迎の意を示し、北朝鮮情勢の緊張緩和に向け「米朝両国ができるだけ早期に接触し、対話するべきだ」と訴えた。日中首脳の相互往来には前向きな考えを示した。

 トランプ米大統領が示した鉄鋼などの輸入制限方針に関しては「中国は必ず必要な対応を取る」と述べ、発動すれば報復措置を取ることを示唆した。

 北朝鮮の核・ミサイル問題に関し「関係国は全力で朝鮮半島核問題の平和解決に向けた対話を再開するべきだ」と強調した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]