米朝 初の首脳会談へ トランプ氏「5月までに」 金正恩氏の招請受諾

 【ワシントン田中伸幸】トランプ米大統領は8日(日本時間9日午前)、韓国の鄭義溶(チョンウィヨン)・大統領府国家安保室長とホワイトハウスで会談し、北朝鮮の非核化を協議するため、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と5月までに会談する意向を表明した。鄭氏が報道陣に明らかにした。鄭氏によると、首脳会談開催は金氏が招請。金氏は核実験やミサイル発射の停止も約束した。米朝首脳が直接会談するのは初めて。朝鮮半島の緊張緩和や非核化の実現へ向け、事態が大きく動く可能性がある。

 トランプ氏は同日、ツイッターで「金氏が核開発の凍結ではなく非核化に言及し、ミサイル発射も停止していることは大きな進展だ。会談が設定される!」と投稿。一方、「合意に達するまで制裁は続ける」とも発信し、北朝鮮が非核化に向けた具体的な行動を取らない限り、北朝鮮への圧力を維持する方針を明確に示した。

 ホワイトハウスのサンダース大統領報道官も同日、声明で「トランプ氏が金氏の会談の招請を受け入れた」と発表。首脳会談の日時や場所は「未定」とした。

 鄭氏は今月5~6日に平壌を訪問し、金氏と会談。鄭氏は会談内容をトランプ政権に説明するため8日にワシントン入りし、ホワイトハウスでトランプ氏ら政権首脳らと会って、金氏の発言を直接伝えた。

 鄭氏によると、金氏は鄭氏との会談で、非核化に取り組む意思を示し「今後、いかなる核実験やミサイル発射も停止する」と発言。定期的な米韓合同軍事演習の継続にも理解を示した。その上で金氏は「トランプ大統領とできるだけ早く会うことに熱意を表明した」という。

 鄭氏は、過去の北朝鮮との対話で核実験停止などの合意に達しても、北朝鮮がその後に合意を破棄してきたことを踏まえ、「米韓や(日本など)友好国は過ちを繰り返さない。北朝鮮の非核化の発言が実行されるまで圧力をかけ続ける」とも述べた。

 トランプ氏が事務レベルの対話ではなく、自身が直接会談に臨むことについて、米政府高官は過去の米政権が高官レベルの対話で北朝鮮の核問題に対処して失敗してきたと指摘。「金氏は北朝鮮で意思決定できる唯一の人物であり、米国で意思決定ができる人物(トランプ氏)が会談の招請を受け入れるのは理にかなっている」と説明した。

=2018/03/09付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]