学校倒壊は手抜き工事か、真相埋もれ10年 中国・四川大地震 当局、批判拡大恐れ監視

倒壊した5階建て校舎。最上階以外はつぶれている=四川省〓(1)川県映秀鎮の〓(2)口中学跡地
倒壊した5階建て校舎。最上階以外はつぶれている=四川省〓(1)川県映秀鎮の〓(2)口中学跡地
写真を見る
被災地では倒壊したホテルや庁舎が街ごと保存され、見学できる=四川省綿陽市北川県
被災地では倒壊したホテルや庁舎が街ごと保存され、見学できる=四川省綿陽市北川県
写真を見る
写真を見る

 8万7千人超の死者・行方不明者が出た中国の四川大地震から12日で10年。震災後、倒壊した建物を保存し「地震遺跡」として観光地化する動きが進んだが、4月下旬に訪れた被災地では住民が観光客の減少に頭を抱えていた。相次ぐ学校崩壊の原因と指摘された「手抜き工事」は今も真相が不明なまま。調査を求める遺族の声は中国当局の統制の下、封殺されている。 (成都・川原田健雄)

 今にも倒れそうな傾いた校舎。壁が崩れた教室は鉄筋がむき出しになっている。地震の震源地、四川省〓(1)川県映秀鎮にある〓(2)口中学跡地は、崩れた校舎や寄宿舎が当時のまま残され、生徒ら55人の命を奪った揺れの激しさを物語っていた。

 映秀鎮は人口の約半数に当たる約6500人が死亡。街全体が壊滅的な打撃を受けた。「家の下敷きになって動けず、3日間、水も飲めなかった」と中学跡地近くに住む女性(76)が当時を振り返った。孫が犠牲になったが「あれだけの災害だから仕方ない。自分も軍が救助に来なかったら死んでた」と険しい表情を浮かべた。

 政府は復興事業として四川省全体で約1兆7千億元(約29兆円)を投入。産業の柱として被災地の観光地化を進めた。〓(2)口中学跡地も観光の目玉として保存され、周辺に店舗や住宅が並ぶ新たな街が造られた。

 ただ、震災の記憶が薄れるにつれ、客足は鈍っている。飲食店を営む女性は閑散とした通りを見て「客が来ないからどうしようもない」と諦め顔。震災前は農作業で生計を立てていたが「農地の上に住宅が整備された。商売を続けるしかない」とため息をついた。

   ◇    ◇

 震災では校舎の倒壊が相次ぎ、5千人を超える児童や生徒が犠牲となった。背景には、建設業者がコストを抑えるため必要な資材を使わず、賄賂を受け取った役人が強度不足を見逃す「おから工事」があったとされる。震災直後は中国メディアもこの問題を報じたが、当局は批判の拡大を恐れて報道を規制。原因解明を求める遺族を厳しい監視下に置いている。

 「近くの民家は無事だったのに、数年前にできた小学校が倒壊した。手抜き工事が原因なのは間違いない」。一人息子を失った同省徳陽市の男性は電話取材に怒りをぶちまけた。直接会う約束をしたが、直前になって「やはり会えない」と断ってきた。電話を盗聴していた地元警察に呼ばれ「反中国勢力とつながりのある記者だから会うな」とくぎを刺されたという。

 取材を予定していた別の遺族も「大勢の警察官が自宅を見張っている。来ないでほしい」と電話でおびえた声を出した。

   ◇    ◇

 「地元政府は責任を問われるから妨害に必死なんだ」。取材に応じた40代男性が厳しい口調で語った。

 当時12歳の長女が倒壊した小学校の下敷きになり、命を落とした。男性は手抜き工事がなかったか調査するよう、地元の徳陽市や四川省政府に何度も求めたが、相手は「災害だから不可抗力だ」と繰り返すばかり。中央政府に直訴しようと北京に向かうと、追い掛けてきた地元の役人や警察官に阻止された。昨年7月は北京に向かう途中の西安で警察官に囲まれ、強引に車に乗せられて約700キロを半日かけて連れ戻された。

 執拗(しつよう)な妨害に耐えきれず、多くの遺族が活動から離れていった。それでも男性が諦めないのは、長女がなぜ、誰のせいで死ななければならなかったのかを明らかにしたいからだ。

 「作文が得意で、大人の会話を聞いて面白い話を書くような頭の良い子だった。理想の娘だったのに…」。震災後2人の娘が生まれたが、今も間違えて長女の名前を呼んでしまう。学校崩壊の真相が分からない中、2人の娘には地震で亡くなった姉がいたことを伝えられずにいる。「きちんとした調査をして公正な説明をしてほしい。そうでないと納得できない」。静かな口調に力がこもった。

【ワードBOX】四川大地震

 2008年5月12日午後2時28分(日本時間同3時28分)、中国四川省〓(1)川県映秀鎮を震源地として発生したマグニチュード(M)8.0の地震。死者約6万9200人、行方不明者約1万8000人に上り、被災者は4600万人を超えた。児童や生徒の死者・行方不明者は5000人超。遺族や支援者の調査によると、大きな被害があった約2000校のうち、死亡した児童・生徒の85%が集中していた約20校で、手抜き工事の疑いがあるとしている。

※〓(1)は「さんずいへん」に「文」

※〓(2)は「さんずいへん」に「旋」

=2018/05/12付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]