北朝鮮体制保証の用意示唆 核放棄で米企業が支援

 ポンペオ米国務長官(UPI=共同)
ポンペオ米国務長官(UPI=共同)
写真を見る

 【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は13日、北朝鮮が非核化に応じれば「安全の保証を与えなくてはならない」と述べ、トランプ政権に金正恩朝鮮労働党委員長体制の存続を保証する用意があることを示唆した。核兵器を放棄すれば、経済制裁は解除され「米国の民間企業がエネルギー供給網の整備を手助けできる」と語った。

 FOXニュースやCBSテレビの番組に相次いで出演したポンペオ氏は「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」が条件だと強調した。6月12日の米朝首脳会談で「われわれは歴史的な仕事を成功させられるかもしれない」と述べ、金氏が非核化に応じることへの期待感を表明した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]