北朝鮮、南北会談「中止」表明 米朝の取りやめも警告

 トランプ米大統領、韓国の文在寅大統領(聯合=共同)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長
トランプ米大統領、韓国の文在寅大統領(聯合=共同)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長
写真を見る

 【北京、ソウル共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、米韓両軍の定例の共同訓練を非難し、同日開催予定だった南北閣僚級会談を中止すると表明した。また北朝鮮の金桂冠第1外務次官は、米国が一方的な核放棄を強要するなら6月12日に予定される米朝首脳会談に応じるか「再考慮せざるを得ない」との談話を発表、首脳会談中止の可能性をちらつかせてけん制した。韓国統一省も16日未明、北朝鮮が南北閣僚級会談の無期延期を通知してきたと発表した。

 北朝鮮の非核化が焦点の米朝首脳会談を前に、関係国を揺さぶる狙いとみられる。韓国統一省は「速やかに会談に応じることを求める」との声明を出した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]