英首相、ガザ犠牲は「悲劇的」 調査の必要性指摘

 【ロンドン共同】メイ英首相は15日、パレスチナ自治区ガザでイスラエル軍の銃撃などにより多数の犠牲者が出たことを「悲劇的だ」と非難した。その上で、何が起きたかを明らかにするために透明性の高い調査をする必要があると指摘した。

 トルコのエルドアン大統領との会談後に開かれた記者会見で述べた。メイ首相は「(ガザでの)暴力は平和への努力を破壊する」と強調した。

 両首脳は会談で、英国が欧州連合(EU)を離脱後も良好な貿易関係を継続していく方針で一致。シリアでの化学兵器使用疑惑や英南部で起きた元ロシア情報機関員への神経剤襲撃事件について、容認できないとの認識を確認した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]