米朝首脳、6月12日会談へ意欲 正恩氏「確固たる意志」表明

 左からトランプ米大統領(ゲッティ=共同)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮通信=共同)
左からトランプ米大統領(ゲッティ=共同)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮通信=共同)
写真を見る
 26日、板門店で会談に先立ち握手する韓国の文在寅大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(韓国大統領府提供・共同)
26日、板門店で会談に先立ち握手する韓国の文在寅大統領(左)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(韓国大統領府提供・共同)
写真を見る

 【北京、ソウル、ワシントン共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は26日、韓国の文在寅大統領との南北首脳会談で、朝鮮半島の非核化へ努力する方針で一致、6月12日の米朝首脳会談開催への「確固たる意志」を表明した。朝鮮中央通信が27日伝えた。トランプ米大統領は南北会談を高く評価、米朝間の協議も進んでいるとして、自ら中止を発表した米朝首脳会談について、予定通りの開催を目指す考えを示した。

 米紙ワシントン・ポストは27日、ソン・キム元駐韓米大使らが首脳会談に向けた協議のため、南北軍事境界線を越えて北朝鮮入りしたと報じた。崔善姫外務次官らと会談するとしている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]