ロシア、G7より上海機構を重視 プーチン大統領

 上海協力機構の首脳会議後の共同記者会見であいさつする中国の習近平国家主席。左はロシアのプーチン大統領=10日、中国山東省青島(共同)
上海協力機構の首脳会議後の共同記者会見であいさつする中国の習近平国家主席。左はロシアのプーチン大統領=10日、中国山東省青島(共同)
写真を見る

 【青島共同】中国山東省青島での上海協力機構(SCO)首脳会議に出席したロシアのプーチン大統領は10日、トランプ米大統領がロシアの先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)復帰を提唱したことに対し「SCOの人口や購買能力はG7を上回っている」と述べ、G7復帰にはこだわらず、SCOの枠組みを重視する考えを示した。

 プーチン氏は「われわれがG8を去ったのではない。相手の国々が、周知の理由でロシアに来ることを拒否した」と述べた。G8排除のきっかけとなった2014年のロシアによるウクライナ南部クリミア半島の強制編入を念頭に置いた発言とみられる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]