北朝鮮「非核化は段階的」 朝鮮中央通信「米朝首脳、一致」と報道

 北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、シンガポールで12日に開かれたトランプ米大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の会談内容や共同声明について報じた。両首脳は朝鮮半島の非核化を実現する過程で「段階別、同時行動の原則」を順守することが重要との認識で一致したとしている。北朝鮮はこれまで制裁解除などの「見返り」を得ながら非核化を進める段階的措置を求めており、米側がそれを容認したとも受け取れる内容。米側はこうした点に触れておらず、今後対立が表面化する恐れもある。

 同通信などによると、正恩氏は会談で「米側が朝米関係改善に向けた真の信頼構築措置を講じれば、われわれもそれに応じて追加的な善意の措置を取る」と述べ、米の見返りに伴う措置として段階的に非核化に応じる考えを示したという。

 さらに正恩氏は「相手を刺激し敵視する軍事行動を中止する英断を下すべきだ」と要求。トランプ氏はこれに理解を示し、米朝が対話している間は米韓合同軍事演習を中止する意向を表明し、米朝関係の改善に従って制裁を解除できると伝えたという。日本人拉致問題への言及はなかった。

 一方、トランプ氏は12日の米朝首脳会談後、米ABCテレビとのインタビューで「北朝鮮の全面的な非核化を目指すことになる」と述べ、正恩氏が速やかに非核化プロセスに着手するとの見通しを示した。

 トランプ氏は首脳会談後の記者会見で在韓米軍の撤退の可能性に言及したことについて、「(韓国に対する米国の)『核の傘』も含め、北朝鮮とは議論していない」と述べた。在韓米軍の必要性を訴える韓国や日本などに配慮したとみられる。

 トランプ氏はシンガポールから米国への帰国途中、ツイッターで「世界は核兵器による大惨事の可能性から大きく後退した。もうミサイル発射も核実験も行われない」と発信し、正恩氏との会談の意義を強調した。米朝首脳会談の実務を取り仕切ったポンペオ米国務長官は13日から韓国と中国を訪れ、北朝鮮の非核化の今後について日本を含めた各国外相らと協議する。

 (シンガポール浜田耕治、曽山茂志、田中伸幸)

=2018/06/13付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]