台湾の駐福岡処長に陳忠正氏

台北駐福岡経済文化弁事処次期処長に決まった陳忠正氏
台北駐福岡経済文化弁事処次期処長に決まった陳忠正氏
写真を見る

 台湾外交部(外務省)は総領事に当たる台北駐福岡経済文化弁事処(福岡市)の次期処長に台北駐日経済文化代表処(大使館に相当、東京)の陳忠正総務部長(55)を起用することを決めた。発令は7月16日付。現処長の戎義俊氏は退官する。

 陳氏は1990年に外交部に入り、慶応大での日本語研修を経て、国際組織局や駐デンマーク代表処、領事局などで要職を歴任。2016年9月から駐日代表処総務部長として、日本との各種交渉に当たっている。

 駐福岡弁事処は九州7県と山口県を管轄し、台湾との産業、観光、文化面での交流促進や査証(ビザ)発行、書類認証業務などを行っている。

=2018/06/22付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]