タイ不明少年ら13人生存 9日ぶり洞窟で発見

 【バンコク浜田耕治】タイ北部チェンライ県の知事は2日夜、チェンライ郊外のタムルアン洞窟で6月23日以降、行方不明になっていた地元サッカーチームの少年12人(11~16歳)と男性コーチ(25)の計13人全員を洞窟内で無事発見したと発表した。

 地元メディアによると、13人は洞窟の奥にある水が届かない場所で発見されたという。少年らは洞窟内の構造を熟知しており、大雨による増水を避けて救助を待っていたとみられる。洞窟内の気温が高く、飲み水を確保できたことが奏功したとの見方もある。

 洞窟は長さ約10キロ。内部は迷路のように入り組み、大雨による濁流で、複数箇所で浸水しており、潜水士らによる救出作業は難航を極めた。タイ警察や軍は高圧ポンプで雨水を排出する一方、英国や米軍の救助チームも加わり、約千人態勢で捜索に当たった。日本の国際協力機構(JICA)はかんがい排水の専門家ら3人を派遣した。

 少年らは6月23日のサッカーの練習後に消息が途絶えた。国立公園の洞窟入り口付近で少年らの自転車が見つかったため、警察や軍は洞窟に入った後、大雨による増水で閉じ込められたとみて捜索していた。

=2018/07/03付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]