劉暁波氏死去から1年で追悼 中国は警戒、抑え込み

 13日、台北市内で行われた劉暁波氏死去1年の追悼集会で、あいさつする中国の学生運動の元リーダー、ウアルカイシ氏(共同)
13日、台北市内で行われた劉暁波氏死去1年の追悼集会で、あいさつする中国の学生運動の元リーダー、ウアルカイシ氏(共同)
写真を見る

 【北京、台北、香港共同】中国の民主活動家でノーベル平和賞受賞者の劉暁波氏が事実上獄中死してから13日で1年を迎え、台湾で追悼活動が行われた。妻、劉霞さんの出国先のドイツでも式典を予定。一方、中国は国内で民主化の機運が高まるのを警戒し、民主活動家を拘束するなどして追悼の動きを抑え込んだ。

 台北市内の公園では1989年の中国の天安門事件で弾圧された学生運動の元リーダーで、劉暁波氏の教え子だったウアルカイシ氏らが追悼集会を開いた。高さ約2・5メートルの劉暁波氏の銅像や、2010年の平和賞授賞式に劉氏が出席できずに空席となったいすをデザインした像の除幕をした。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]