タイ洞窟救出の4人に国籍付与

 【バンコク浜田耕治】タイ北部チェンライ県の洞窟から救出された地元サッカーチームの13人のうち、無国籍だった少年3人と男性コーチ(25)の4人について、タイ当局は8日、タイ国籍を付与したことを明らかにした。地元メディアが報じた。無国籍者は移動の自由が制限されるため、4人は海外のプロサッカーチームから届いた試合観戦の招待を受けることができない可能性があり「かわいそう」との同情論が出ていた。

 4人はいずれも両親が山岳地帯の少数民族とみられ、これまで国籍が取得できていなかったが、8日までに「国内で出生した証拠が確認された」という。

 タイではミャンマーとの国境に近い山岳地帯を中心に無国籍者が多く、44万人との統計もある。無国籍でも学校に通えるが、社会保障サービスは受けられず、移動の自由も制限され、公務員にもなれない。

 支援団体によると、タイ当局は隣国からの不法移民の流入を防ぐため、国籍の付与には消極的で、証拠を提出しても取得までに数年かかるケースが多い。少年らは世界的に注目されたため「特別扱いされたのでは」との見方も出ている。

=2018/08/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]