9月に平壌で南北首脳会談 非核化膠着の打開図る

 13日、板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開かれた南北閣僚級会談に臨む韓国の趙明均統一相(左手前から2人目)と、北朝鮮の李善権・祖国平和統一委員会委員長(右手前から2人目)(韓国取材団・共同)
13日、板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開かれた南北閣僚級会談に臨む韓国の趙明均統一相(左手前から2人目)と、北朝鮮の李善権・祖国平和統一委員会委員長(右手前から2人目)(韓国取材団・共同)
写真を見る

 【ソウル共同】韓国と北朝鮮は13日、閣僚級会談を軍事境界線のある板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開き、文在寅大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の間で3回目となる首脳会談を9月中に平壌で行うことで合意した。南北は4月の首脳会談で今秋に平壌で首脳会談を開くことで一致していた。

 北朝鮮の非核化を巡る米朝協議が膠着状態となる中、韓国は首脳会談を通じて北朝鮮に非核化措置を促し事態打開を図りたい考えだ。一方米国に対し朝鮮戦争(1950~53年)の終戦宣言など体制の保証へ向けた具体的な動きを求める北朝鮮は、韓国に同調するよう強く要求する見通しだ。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]