ヤンゴンに日本支援の橋が完成 渋滞緩和、安全確保に期待

 橋の完成を祝い、パレードする地元の子どもたちの鼓笛隊=25日、ヤンゴン(共同)
橋の完成を祝い、パレードする地元の子どもたちの鼓笛隊=25日、ヤンゴン(共同)
写真を見る

 【ヤンゴン共同】ミャンマーの最大都市ヤンゴンで日本が資金援助した橋が完成し、25日に開通式典が行われた。日本企業が多いティラワ経済特区へのルート上で、深刻化する渋滞の緩和や歩行者の安全確保につながることが期待されている。

 完成したドーボン橋はヤンゴン東部のバゴー川支流に架かり、片側2車線、全長253メートルで歩道も整備された。日本は無償資金協力で42億1600万円を供与した。

 これまでは1966年に建設された片側1車線の橋が使われていた。橋の近隣に住む女性ゼインマー・テインさん(35)は「新しい橋は子供も安全に利用できる」と話した。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]